海外サーバーを高速に利用しよう(その5)

nginx local接続

本当はやりたくない方法なのだが、ここはセオリー通りに、nginxをローカル・キャッシュとして動作させると、nginxのボトルネックとなるバックエンドへの接続性は、当然のことながら、向上する。

[東京] -- [Chicago:nginx Proxy] -- [php7.0.x + OPCache:Apache Local]
     140ms                    0.06ms

# ab -c 50 -n 50 http://4cats.xaffy.net/
This is ApacheBench, Version 2.3 <$Revision: 655654 $>
Copyright 1996 Adam Twiss, Zeus Technology Ltd, http://www.zeustech.net/
Licensed to The Apache Software Foundation, http://www.apache.org/

Benchmarking 4cats.xaffy.net (be patient).....done


Server Software:        nginx
Server Hostname:        4cats.xaffy.net
Server Port:            80

Document Path:          /
Document Length:        26422 bytes

Concurrency Level:      50
Time taken for tests:   0.930 seconds
Complete requests:      50
Failed requests:        0
Write errors:           0
Total transferred:      1334048 bytes
HTML transferred:       1322318 bytes
Requests per second:    53.77 [#/sec] (mean)
Time per request:       929.812 [ms] (mean)
Time per request:       18.596 [ms] (mean, across all concurrent requests)
Transfer rate:          1401.12 [Kbytes/sec] received

Connection Times (ms)
              min  mean[+/-sd] median   max
Connect:      140  147   5.6    145     156
Processing:   282  397  80.0    438     473
Waiting:      140  149   6.4    147     158
Total:        422  544  84.3    583     628

Percentage of the requests served within a certain time (ms)
  50%    583
  66%    609
  75%    613
  80%    625
  90%    628
  95%    628
  98%    628
  99%    628
 100%    628 (longest request)

ディスクIOが問題ないSSDを採用したサーバーなどでは、有効なようで、思ったほど、nginxによるメモリー負荷は問題にならなかった。
ここは、セオリー通りと言ったところなのだが、理屈どおりに、バックエンドへの接続性を向上させれば、優れたCacheとして動作するようだ。

残念なことに、この接続がここまでのテストの中では、一番高速化している。
海外サーバーを高速に使いたいといった要求には、この方法が最も良い結果となるようだ。

Comments are closed.