Lolipop エコノミー とは

エコノミープランって使える?

ロリポップは、初心者向けではあるものの、基本機能を備えているので使い方次第では、便利に使える。

最大のボトルネックは、MySQLが使えないというところで、WordPressのようにデータべ^-スが必須なSMSを使う場合には、ロリポップライト以上の契約が必要である。

プラン名 HDD容量 MySQL 価格
エコノミー 10GB × 100円
ライト 50GB 1個 250円
スタンダード 100GB 30個 500円

※ライトプラン以降は、最低6ヶ月契約した場合の税抜価格である。

要は、WordPressを低価格で使いたければ、エコノミープラン2.5倍~5倍のプラン契約をしなくてはならない。
従来プランでは、エコノミーが、HDD容量が、5GBと少なかったが、現在は10GBまで高容量化しているので、簡単なファイルサーバーとしての用途としては、悪くない選択しではないかと思う。

流石に、初期費用が無料と言うわけには行かず、全プラン共通で初期費用は、1500円となっている。
この他にエンタープライズプランというのが存在するのだが、このプランのみ初期費用が3000円となっている。
月額費用が2000円でHDD容量は、400GBと他所にない高容量なのだが、ここまでの費用を投じるなら、GMO系列が運用するお名前VPSだとか、KonoHaあたりを使ったほうが安上がりである。

ロリポップ エコノミーの良いところは、この低価格であるにも関わらず、phpスクリプトに対応しており、phpで書かれたものであれば、使うことができる点だろう。
さくらの低価格プランのレンタルサーバー(ライトプラン)でもphpは走行するが、月額125円(税込)と僅かながら高い。このほか、NetowlのminiBirdが、月額250円(税抜) 50GBの容量なのでこのプランが、ロリポップでいうところのライトプラン相当ということになるのだが、miniBirdの場合には、MySQLデータベースが5個まで使える。

こうしてみると、可もなく不可もなくといったところで、切りの良い月額100円のロリポップを選択するのも悪くないのではないかと思う。

WebDAV

さくらのレンタルサーバにもさくらポケットというサービスがあるが、ロリポップの場合、全プランにWebDAV機能が付いている。Webサーバーが必要でないなら、WebDAV機能のみを使ってもそこそこ便利なんじゃないかと思うわかだが、やはり、ボトルネックは、容量だろうと思う。Google Driveの無料で使える15GBを考えると、わざわざサーバーを借りて、使うかどうかは、多少疑問があるが、WindowsOSからも、直接接続できるWebDAVサーバーなので、Google Driveのように、Web UI経由でなくても使えるというのは、良いと思う。
だたし、似たようなサービスにTeraCloudというのがあって、こちらのサービスは無料で10GB使えるので、無料がいいやと思うのなら、TeraCloudでも良いことになる。
これも、ロリポップ側が不利になるので、WbDAVだけを使いたいなら、別の方法がないわけではない。

メールサーバー

メールサーバーに関しては、さくらのメールボックスが最安値だろう。なんと、月額86円(税込)と100円を切る価格である。一年契約しても、1029円だが、一年契約が必須となっている。

それじゃどうなのよ

結局、単機能で見た場合には、それぞれに機能では割高だが、格安に全ての機能を使いたいと言う場合には、月額100円は、お値打ちなのではないだろうか。
サーバーを借りる決心がつかないけど、一応、試してみたいよね。というユーザー向けのサービスと考えれば良いことになる。

でもどこまで使えるかは気になるよね

ということで、次回は、100円でどこまで使えるか。を考えてみたいと思う。
そこそこの腕利きが、どこまで使い倒せるかというのは、気のなるからね。