phpバージョンについて

phpのバージョン

WordPressを使うだけなら、現在のところ、WordPressは、php5,6,7系のほぼ全てのバージョンに対応しているので不都合はないが、出来ることなら、新しいバージョン特に、php7系を使ったほうが、レスポンスが良い。

ロリポップエコノミーで使えるPHPのバージョン

ロリポップエコノミーで使えるphpバージョンは、以下の2つに限定されている。

  • php 5.6.x系(CGI版)
  • php 7.1.x系(CGI版)
  • php モジュール版 (php7系のモジュール版)

モジュール版に関しては、エコノミープランでは選べないが、これを選ぶことで高速化が見込むことが出来る。
ただし、物理サーバーの動作スピードが向上するだけなので、トップページのレスポンスに関しては、もともと全てのプランで、nginxによるリバースプロキシを経由してみたいなので、そう大きな差はない。

互換性を優先するなら、php5.6.x(CGI版)を選ぶと良いのだが、php7系が使えるのなら、速度面では、php7を選んでおいたほうが無難だろう。
現在、殆んどのレンタル系サーバーでは、php7系が使えるようになってきているのだが、php7.0.x系を採用しているところが多い。何故か、ロリポップサーバーでは、php7.1系となっているため、一部のphpスクリプトが動作しない。例えば、ownCloudなどのクラウドプログラムを走行させるには、ownCloud 9.1.x系が走行しないので、まだ安定していないownCloud 10.0.x系を選ぶ必要が出てくる。

ownCloud  8.0.x系   php5.6系
ownCloud  8.1.x系   php5.6
ownCloud  8.2.x系   php7.0
ownCloud  9.0.x系   php7.0 + libxml2 2.6.2以上
ownCloud  9.1.x系   php7.0 + libxml2 2.6.2以上
ownCloud 10.0.x系   php7.1 + libxml2 2.6.2以上

つまり、ownCloudをインストールしたいと考えるなら、php5.6を選び、その上で、ownCloud 8.1.x以下のバージョンを選択するかphp7.1系を選んで、ownCloud 10.0.x系を使うかの2択に限られてしまう。

まあ、あまり多目的な用途に設計されたサーバーとは言い難い構成で、どうも、WordPressを高速に動作させることに重きが置かれているように感じる。

こういうことなので、WordPressを使わない限り、ロリポップの良い所が使えないので、WordPressの必須要件であるMySQLなどのデータベースが使えないエコノミープランでは、ロリポップの設計思想の半分以下の利用が出来るかどうかということになるそうである。

また、php.iniの設定変更が可能になっているのだが、upload max sizeの指定に制限があり、20MBを超える設定が出来ない仕組みになっているので、これも、WordPressを使う上では特に支障はないと思われるが、ownCloudのようなファイルサーバーを目的とした用途では、比較的一般的なサイズの動画ファイルの35~100MB程度のファイルをUploadできないので、ownCloud 8.1.x系 + php5.6系での利用では、この20MBの制限を受けることになるので、20MB以下のファイルの音楽ファイルや写真などをUploadする程度に留める必要がある。

但し、php7.1系を使って、ownCloud 10.0.x系を使うと今のところ、この制限の対象にならず、100MB程度の動画も簡単にアップロード出来てしまう。
たぶん、php.iniの権限設定の見逃しがあるのかもしれない。
まあ、基本的な仕様からは、おおきなファイルをアップロードしようとした場合、FTP若しくはFTPS経由でアップロードするか、WebDAV経由でアップロードする必要がある。